親心から生まれたピアノシューズ

それまで世の中に存在しなかった、ピアノ演奏用の靴を考案・商品化した倉知真由美さん。娘さんがピアノを練習する姿を見て、「ペダリングがもっとスムーズにできたら…」と考えたことが出発点でした。商品化に当たり、特許を申請する上で、ヒール部分の高さやカーブの角度(R)などを数値化する必要があることを知ります。「まずは試作だ、と木くずを削ってヒールの模型を作り、上履きに貼ろうとしましたが、うまく貼れなくて。しばらく放置していたんです(笑)」。それを見つけた娘さんがヒールの模型に、上履きを乗せてピアノを弾き始めました。「ママ、コレいいよ」と話す娘さんの足元を見ると、模型がかかと部分よりつま先方向にずれていたそう。そこでヒールの位置も使い心地に関係することに気付き、さらに試作を重ねます。その後も工場探し、補助金申請、事業計画の立案…と次々に浮かび上がる課題に「くじけそうになりましたが、一方で『絶対やってみせる』という強い気持ちもあって。たくさんの方の助けも頂きました」。そんな折、自作のPR動画をきっかけに大手楽器店から商品の発注が舞い込みます。以後、着実に売り上げを伸ばし、今年は海外へも進出と大躍進!

スカーフがトレードマークに

 実はこれまで、ほぼジャージ姿で過ごしていたという倉知さん。起業に当たりアドバイスを受け、スーツにスカーフという現在のスタイルに。「これ(スカーフ)を巻くと仕事のスイッチが入ります。今ではなくてはならないアイテムですね」と笑います。ちなみに、倉知さん自身はあまりピアノを弾かないそう。「逆に弾けないから(専用シューズの)アイデアが浮かんだのかもしれません。ピアノを教えてあげられない分、環境を整えようといつも考えていたし、ピアノの練習をしている娘の脇で体育座りをして聴いていたから、足元に目がいったんですよね」

  • となりのMatch子さん vol.11 るみえーる 前川 仁美さん
  • 有限会 社戸祭貞次郎商店 代表取締役 社長 戸祭 圭司さん
  • となりのMatch子さん vol.10 フリーアナウンサー・ 講師・動画クリエーター コエ・テラス合同会社 代表 牟田 祥子さん
  • CROSS TALK vol.08 「アーティスト対談」
  • 合同会社COMFY 代表 長塚 文洋さん
  • となりのMatch子さん vol.9 日本畜産振興株式会社  安藤貴子さん
おすすめの記事
SOBASUTA 代表 傍嶋 賢さん
Matchインタビュー
取手での活動を教えてください  私は千葉県出身で、大学院生の時に取手市に来ました。東京芸術大学大学院の壁画第一研究室に在籍している時から、ア...
STAFF BLOG
今日のお昼。 取手駅ビル一階の「おそうざい村」へ。 手作り出来立てのお総菜やお弁当がたくさん並んでいて迷いに迷った結果、お肉とお野菜のバラン...
MATCHMARKET、オープンから1ヶ月!
STAFF BLOG
1月14日にオープンしたMATCHMARKET。 あっという間にオープンから1ヶ月近くが経ちました!! 最短1週間から自分のお店を出店できる...
自分らしく生きる
Matchコラム
自己実現の概念を説明するのはとても難しいのですが、 私は自己実現を「自分らしく生きる」と説明しています。 この「らしさ」とは実は型なんです。...