• 株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん Matchインタビュー
    株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん
  • 鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん Matchインタビュー
    鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん
  • 分福 店 主 國分 崇さん Matchインタビュー
    ほうとううどん・和食分福 店 主 國分 崇さん
  • TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん Matchインタビュー
    TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん
  • Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん Matchインタビュー
    Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん
  • 株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん Matchインタビュー
    株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん

Vol.79

フットサル取手

桑田 智広さん

INTERVIEW

取手をサッカー・フットサルの街に

CORPOLATE INFO

取手市駒場3-9-11
0297-70-6661
フットサル場の運営をされていますが、きっかけは何ですか?
 高校まではサッカーをやっていました。部活を引退してから友達に誘われ、フットサルをするようになったのですが、フットサルの方がサッカーよりも楽しいと感じたのです。  大学時代もフットサルのサークルに入っていました。そのときから漠然と、将来はフットサルに関係する仕事をしたいと考えるようになりました。  大学卒業後、就職しましたが、いずれはフットサル場に勤めようと考えていました。時々ここ(フットサル取手)を利用していたら、「働かないか」と声を掛けられたので勤め始め、そのうち店長をさせていただくようになったのです。その後運営会社が退くことになり、経営を引き継ぎました。タイミングにも恵まれていましたね。
前の運営会社との違いは、どこにありますか?
 前の運営会社は、施設の運営・管理、大会の企画・運営以外はしていませんでしたが、僕たちはそこにスクール事業を加えた2本立てで展開するようにしました。これが実になってきて、スクールの生徒は100人を超えるまでになりました。今度中学生になるスクール生が34人いるのですが、中学の部を作りたいと考えて、それに合わせてコートを整備することにしました。  ここの店長をしていた当時、並行してスクールもやっていて、そのとき一緒にやっていた2人と今の会社を始めたので、スクールのノウハウはありました。僕たち3人はフットサルの元選手なので、フットサルとはどういうものかを知ってもらうためのクリニックを企画したり、個人で来られた方も楽しめるプログラムを用意したりと、利用しやすい環境の整備を行っています。
今後の展開はどのようにお考えですか?
 スクール事業を拡大しようと考えています。流山にコートを借りて、スクールを始めました。沿線にスクールを増やしていきたいです。  また、取手は野球とバスケットボールが強いイメージがあるので、サッカーやフットサルの街というイメージも持ってもらえるようにしたいですね。  そのために、子どもから大人、おじいちゃんおばあちゃんまで、幅広い年齢の方々が利用しやすい施設にしたいと考えています。
  • 株式会 社Splus 代表取締役 金子 卓さん
  • 龍ケ崎のほぐし屋さん オーナー 濵野 紗弥さん
  • パン・ド・メグモリ 武井 めぐみさん
  • Neo English 代表 大西 雄二さん
  • Coeur(クール) 代表 山﨑 優子さん
  • あおば薬局 龍ケ崎店 代表 高柳 匡徳さん
おすすめの記事
CROSS TALK vol.02「自宅で起業」
Matchインタビュー
長年温めた夢を 実現させた2人 自宅をオフィスやスクールとして使っている髙垣充晴さんとほしのりつこさん。オンとオフの切り替えは? ストレスは...
手打そば かしむら 代 表 鹿志村 亘さん
Matchインタビュー
そば店を始めるに当たり、修業期間は長かったのですか?  つくばのそば屋で2年ほど修業をしました。そこの師匠は修業期間が9カ月だったそうで、「...