• 分福 店 主 國分 崇さん Matchインタビュー
    ほうとううどん・和食分福 店 主 國分 崇さん
  • 鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん Matchインタビュー
    鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん
  • 株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん Matchインタビュー
    株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん
  • Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん Matchインタビュー
    Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん
  • TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん Matchインタビュー
    TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん
  • 株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん Matchインタビュー
    株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん

vol.175
株式会社Splis
 金子 卓さん
Title

『おいしい』は当たり前。 その先のサービスを追求したい

 板の上でジュージューと音を立てるボリューム満点のステーキが好評な「Grill KitchenBULLURE.S」。「アメリカ産やオーストラリア産の上ランクの肉にこだわってます」と話すオーナーの金子卓さんは、料理好きが高じ飲食業界に就職。店舗でのスタッフ業務に加え、店舗を管理するマネジャーも経験しました。独立後は千葉県成田市にラーメン店を構え、昨年7月にこちらのお店をオープン。お肉をメインにしたのは、男性も女性も好きで、ここ数年は赤身肉の栄養価に注目が集まっていることなどから。大勢の人に上質なお肉の味を知ってほしくて、価格もできる限りリーズナブルに抑えています。「実は昨年のオープンからメニューを何度も見直しているんですよ」と金子さん。接客の際にお客さんの意見を聞き、要望があればスタッフで話し合って日々改善。例えばお肉の焼き具合を選べるようにしたり、スープをお代わり自由にしたり…。「食べておいしいのは当たり前、プラスアルファで何かを提供できないとダメ」ときっぱり。現場と店舗管理、どちらも経験した金子さんだからこそ、お客さんの満足度とお店の利益の両方をバランスよく考えられるのかもしれません。また、特筆すべきはお店で働くスタッフの雰囲気の良さ。コミュニケーションを重視し、一人一人との対話を大事にしているそう。誰に対しても「自分がどうしてもらえたらうれしいか」を念頭に接するという金子さん。お客さんも働く人も幸せになれるお店作りが信条です。

 
 
 
  • となりのMatch子さん vol.7 RUMKA(ルンカ) 代表 戸田さつきさん
  • CROSS TALK vol.05「イクメン対談」
  • 菓子工房きらり 店主 吉井 祐樹さん
  • となりのMatch子さん vol.6 彫金師、ジュエリーアーティスト 坂 有利子さん
  • Matchスクランブル座談会 Vol.3 「起業のきっかけ」
  • 株式会 社Splus 代表取締役 金子 卓さん
おすすめの記事
Match-hako 活用法
Match46 special Contents
Vol.02 2016.04 は~い。みなさん! ボクちんはウメちん。 取手に最近来たっす。ところで、取手駅西口前 リボンとりで5 階の「ワ...
CROSS TALK vol.03「失敗からの再起」
Matchインタビュー
廃業にも「作法」あり 今回は「特別編」として、Matchー46編集長でもある一般社団法人とりで起業家支援ネットワーク理事・吉田とスタッフの佐...
STAFF BLOG
昨年秋、取手で初開催された女性のための創業スクールに参加した修了生8名が、創業した「今」を伝えます。自宅開業、補助金の活用など、各々の「創業...