• 株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん Matchインタビュー
    株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん
  • TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん Matchインタビュー
    TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん
  • 鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん Matchインタビュー
    鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん
  • 分福 店 主 國分 崇さん Matchインタビュー
    ほうとううどん・和食分福 店 主 國分 崇さん
  • 株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん Matchインタビュー
    株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん
  • Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん Matchインタビュー
    Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん

Vol.14

藤田法務事務所

INTERVIEW

法律を通して取手の人に恩返しを

CORPOLATE INFO

取手市取手2-14-24 竹内ビル2階
0297-85-2803
http://fujita-lawoffice.com/
起業しようと思ったきっかけは?
 31歳の時に身内で不幸が起き、遺産分割協議書というものを初めて目にしました。それまで、法律に関わる書類の作成は弁護士の仕事だと思っていたので、その時初めて行政書士の仕事を知り、興味を持ちました。それから勉強し、行政書士の資格を取得しました。 独立したのは平成26年。それまでも起業経験があり、多くの分野にチャレンジをしてきました。自分で起業するということは、結果を全て背負うということ。その点に魅力を感じ、行政書士事務所を開業することにしました。
行政書士をしていて難しさを感じたエピソードはありますか?
 行政書士は、相続関係など人と人の関わりを左右する重要な書類を作成するのですが、その際に感情移入をしてしまうことがあります。特に離婚などの相談で書類を作成しなければならないときは、依頼者の気持ちについて、一日中考えてしまうことも。一つの案件につき、何度も書き直しをするなど、依頼者が納得のできる形になるよう心掛けています。
今後どのように展開していきたいですか?
 私はもともと取手市出身ではなく、6年ほど前に引越してきました。そのときに取手市の人たちに温かく迎えられ、現在は商工会青年部や消防団、茨城南青年会議所の活動に関わらせていただいています。 以前は依頼者として事務所に来てくださった方が、ふらっと遊びにきてくれることもあるんですよ。取手市は高齢者の多い地域なので、例えば遺言や相続関係などの作成を通して地域の皆さんに恩返しをしていきたいと思っています。
私を支えるこの一言
「一念通天」 一心に思っていれば願いは必ずかなうと、20歳くらいのころから自分の中で大切に思って生きています。「駄目だ」と思うと本当にそうなってしまうので、どんなときでも「できる」と自分自身を信じることを大切にしています。
  • 龍ケ崎のほぐし屋さん オーナー 濵野 紗弥さん
  • パン・ド・メグモリ 武井 めぐみさん
  • Neo English 代表 大西 雄二さん
  • Coeur(クール) 代表 山﨑 優子さん
  • あおば薬局 龍ケ崎店 代表 高柳 匡徳さん
  • アーキテックジョー 株式会社 代表取締役 秋山 穣さん
おすすめの記事
CROSS TALK vol.03「失敗からの再起」
Matchインタビュー
廃業にも「作法」あり 今回は「特別編」として、Matchー46編集長でもある一般社団法人とりで起業家支援ネットワーク理事・吉田とスタッフの佐...
京都府府議の皆さまがMatch視察へ!
STAFF BLOG
スタッフの佐々木です! 近くの公園や街路樹の紅葉がキレイで 「京都に行きたいなぁ~。」と思っていたところ・・・ 先週、京都府の府議の方々が9...
STAFF BLOG
今日のお昼。 取手駅ビル一階の「おそうざい村」へ。 手作り出来立てのお総菜やお弁当がたくさん並んでいて迷いに迷った結果、お肉とお野菜のバラン...