Vol.03 2016.06

第20回とりで利根川河川まつり

見て、食べて、体験して、取手が誇る河川の魅力を満喫。秋の利根川は楽しみがいっぱい!
ステージや展示、ゲームコーナーなど充実の内容で幅広い世代が楽しめる「とりで利根川河川まつり」や同時開催の「とりで利根川市民ウオーク」の他、スポーツの秋にピッタリなスポーツイベントなど、秋の取手は利根川河川敷が盛り上がります!
取手の豊かな自然を満喫しよう

 取手市は、利根川が流れ、そのそばには大きな河川空間・取手緑地運動公園がある、自然豊かな市だ。この自然を活用し、地域の人たちに河川に親しんでもらうことを目的に、1998年より「とりで利根川河川まつり」が開催されることになった。
毎年、このまつりには多くの子どもたちや家族連れが訪れ、終日、ステージイベントや催し物などを満喫している。ステージイベントは、坂東太鼓の会によるオープニング演奏で始まり、歌や踊りなどの演奏会が続く。会場では地元商店街による模擬店や利根川の交流物産展も開かれ、利根川が流れる地域(群馬県みなかみ町、千葉県香取市・印西市)の地元グルメも販売される。ミニトレインやエアー遊具など、子どもたちのお楽しみもたくさん。さらに、利根川には無料で乗船できる船も。川面からの景色をゆっくりと眺めながら、心地よい秋風に吹かれてみては。

開催日時 10月1日(日) 午前8時40分〜
開催場所 取手緑地運動公園 ※利根川河川敷
(JR取手駅東口徒歩10分)
問い合わせ 取手市役所 水とみどりの課 0297(74)2141(代)

みどころ1:ステージイベント

会場内の特設ステージでは、市内の幼稚園や吹奏楽団、ダンススタジオなどによる歌や踊り、生演奏などが行われる。また、午前と午後に各1回、1人1枚の抽選券で参加できるお楽しみ大抽選会が開催され、宿泊券や旅行券の他、なじみのあるお店や利根川に関係がある地域の品がゲットできるかも?

みどころ2:催し物いっぱい

利根川にちなんだパネル展示や交流物産展の他、地元商店街による模擬店も7ブース用意され、地元の味が堪能できる。子どもが喜ぶゲームコーナーもあり、ベルト状のラインを渡る新スポーツ「スラックライン」にもチャレンジできる。

河川まつりならでは 15分おきにさまざまな船が出港! 船に乗ってみよう
イベント当日は、運航100年以上の歴史があり小堀(おおほり)の渡(わた)しでおなじみ「とりで号」、木造船「とりで3号」、国土交通省河川巡視船「はるかぜ」、プレジャーボート「周遊艇」の4隻に無料で乗船できる。乗船時間は、とりで号は約50分間、とりで3号・はるかぜ・周遊艇は約20分間。それぞれ船の形やコースが異なるので、全て試してみるのもオススメだ。

  • 利根川河川まつり売店風景
    第20回とりで利根川河川まつり
  • Match-hako お得な使い方大公開!
  • 壱万円 たかが1万円。されど1万円。
    たかが1万円。されど1万円。
  • レミングスの夏を46倍楽しく見る方法
    映画「レミングスの夏」完成披露試写会
  • 起業家登録 3本の矢
    起業家登録 3本の矢
  • 暑気払い座談会
    藤井市長 × 女性起業家 暑気払い座談会
おすすめの記事
STAFF BLOG
取手ボックスヒルの4階に突如現れた着ぐるみ?ぬいぐるみ?お神輿? なんだろう。。。と近づいてみると 「ジャッピー神輿」 と書いてありました。...
STAFF BLOG
昨年秋、取手で初開催された女性のための創業スクールに参加した修了生8名が、創業した「今」を伝えます。自宅開業、補助金の活用など、各々の「創業...