vol.164
エンゼルコットン&もっつBar 羽鳥 潤さん
Title

「思わず写真に撮って誰かに教えたくなる

そんなメニューを提供したかったんです」

年5月に2歳下の弟の由布さんと独立開業した羽鳥潤さん。潤さんはカフェを、由布さんは居酒屋をやりたかったため、昼夜で業態を変えることにしたのだそうです。オープン間もなく、看板メニューのスフレパンケーキがSNSで拡散され、あっという間に人気店に。そんな羽鳥さん兄弟は、母方の実家が飲食店だったために小さい頃から料理が身近にあり、独立する前はラーメン店の雇われ店長と従業員でした。なぜ畑違いのパンケーキをメインに選んだのかと聞くと、「龍ケ崎にはそういうお店がなかったから。市外や都内に行けば話題のスイーツは食べられるけど、お年寄りや子育て中のお母さんは、なかなか遠出ができないでしょ?」と潤さん。自身は甘いものが苦手ですが、ある有名店で食べたパンケーキがあまりにおいしかったことも理由の一つでした。

在、パンケーキを焼くのは弟の由布さん。レシピの改良をしているうちに焼くのがうまくなり、気付けば専任になっていたのだそうです。初めはパンケーキに乗り気ではなかったという由布さんですが、「メレンゲと卵黄とのバランスが一番難しい」と話す表情には職人のたたずまいすら感じられました。

  • となりのMatch子さん vol.11 るみえーる 前川 仁美さん
  • 有限会 社戸祭貞次郎商店 代表取締役 社長 戸祭 圭司さん
  • となりのMatch子さん vol.10 フリーアナウンサー・ 講師・動画クリエーター コエ・テラス合同会社 代表 牟田 祥子さん
  • CROSS TALK vol.08 「アーティスト対談」
  • 合同会社COMFY 代表 長塚 文洋さん
  • となりのMatch子さん vol.9 日本畜産振興株式会社  安藤貴子さん
おすすめの記事
恐れの乗り越え方
Matchコラム
先日、各地を転々とする女性から 「取手は、これから何かを始めようという人がたくさんいる街だね!」 というお声をもらい、 ずっと取手にいて気が...
夏を感じるもの
STAFF BLOG
梅雨。でしょうか?というようなお天気が続いていますね。 雨が続くと鬱々とした気分になってしまいますが、この時期の雨は夏を迎えるための大事なも...