• 株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん Matchインタビュー
    株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん
  • TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん Matchインタビュー
    TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん
  • 鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん Matchインタビュー
    鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん
  • Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん Matchインタビュー
    Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん
  • 株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん Matchインタビュー
    株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん
  • 分福 店 主 國分 崇さん Matchインタビュー
    ほうとううどん・和食分福 店 主 國分 崇さん

vol.164
エンゼルコットン&もっつBar 羽鳥 潤さん
Title

「思わず写真に撮って誰かに教えたくなる

そんなメニューを提供したかったんです」

年5月に2歳下の弟の由布さんと独立開業した羽鳥潤さん。潤さんはカフェを、由布さんは居酒屋をやりたかったため、昼夜で業態を変えることにしたのだそうです。オープン間もなく、看板メニューのスフレパンケーキがSNSで拡散され、あっという間に人気店に。そんな羽鳥さん兄弟は、母方の実家が飲食店だったために小さい頃から料理が身近にあり、独立する前はラーメン店の雇われ店長と従業員でした。なぜ畑違いのパンケーキをメインに選んだのかと聞くと、「龍ケ崎にはそういうお店がなかったから。市外や都内に行けば話題のスイーツは食べられるけど、お年寄りや子育て中のお母さんは、なかなか遠出ができないでしょ?」と潤さん。自身は甘いものが苦手ですが、ある有名店で食べたパンケーキがあまりにおいしかったことも理由の一つでした。

在、パンケーキを焼くのは弟の由布さん。レシピの改良をしているうちに焼くのがうまくなり、気付けば専任になっていたのだそうです。初めはパンケーキに乗り気ではなかったという由布さんですが、「メレンゲと卵黄とのバランスが一番難しい」と話す表情には職人のたたずまいすら感じられました。

  • となりのMatch子さん vol.9 日本畜産振興株式会社  安藤貴子さん
  • CROSS TALK vol.07 「シニアの起業」
  • イタリアンレストラン castello オーナーシェフ 山口昌樹さん
  • となりのMatch子さん vol.8  こなのか オーナー 原田佳奈さん
  • CROSS TALK vol.06 「Iターン」
  • キッチ ン ポンム・ドゥ・テール 店主 宮本敏さん
おすすめの記事
あと3日間!
STAFF BLOG
年明けからMATCHMARKETでのチャレンジを続けてきたsugarさんが 残すところあと3日間の出店となりました!! sugarさんのチャ...
STAFF BLOG
皆さま、こんにちは。 今日も暑いですね。昨日は子ども達は身体を動かして、たっぷり汗をかいてきたそうです。 私には小学生の娘がいます。 早生ま...
創業促進フォーラム2018
STAFF BLOG
先日、吉田が関東経済産業局さんが主催する 創業促進フォーラム2018のパネルに登壇してきました。 集まっておられるのは関東局内の自治体、商工...
STAFF BLOG
先日、『メッセージ』という映画を観てきました。 みなさんはご覧になったでしょうか? ある日、地球上に降り立った知的生命体(エイリアン?)が、...