• 株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん Matchインタビュー
    株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん
  • 分福 店 主 國分 崇さん Matchインタビュー
    ほうとううどん・和食分福 店 主 國分 崇さん
  • TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん Matchインタビュー
    TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん
  • 株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん Matchインタビュー
    株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん
  • Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん Matchインタビュー
    Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん
  • 鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん Matchインタビュー
    鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん

Vol.129

元山食堂

申麻実さん

INTERVIEW

韓国料理を定食で楽しめるお店

CORPOLATE INFO

取手市東6-70-4
0297-74-2684
韓国料理の定食屋さんというのは、取手ではここだけですか?
 そうだと思います。韓国料理の定食屋というのは日本にあまりないんですよ。韓国料理屋、焼肉屋はあるのですが。韓国では一般的なんですよ。 ちなみに韓国では定食屋・食堂のことを「シッタン」と言います。焼肉屋はお値段もするし、敷居が高いと思うのですが、うちは定食屋ですので気軽に多くの方々に足を運んでもらいたいですね。うちの人気メニュー「温麺」は、もともと焼肉屋をやっていたころからの人気メニューです。焼肉屋のときは、メインはお肉ですので「温麺」を気軽に食べていただくことができませんでした。今は自慢の「温麺」を気軽に楽しんでいただけるので嬉しいですね。
焼肉屋から定食屋になられたとのことですが、気持ちの変化はありましたか?
 焼肉屋は母が経営していました。母のもと、長年経験を積んでいくうちにだんだんと飲食店の仕事が好きになっていきました。焼肉屋のころは漠然とした気持ちでお手伝いをしていましたが、だんだんと気持ちが固まってきました。 自分にはこれしかないと思うまでになっていたのです。私には、「多くの方々に韓国料理を楽しんでほしい」という思いがあります。だから定食屋なんです。お1人でも気軽に立ち寄れるお店にしたいです。今はお店を任せてもらっていますので、自分の考えや思いが詰まったお店になっています。とても楽しいですよ。
これから起業する方々、独立する方々にエールをお願いします。
 自分を信じて、「コレだ!」と思うことをやり続けることですね。私たちの場合は、韓国の定食屋が多くの方々に受け入れられると信じて、やっています。また、焼肉屋のころから提供していた「温麺」に はすごく自信を持っています。 自慢の「温麺」がいつかムーブメントを起こすと信じて、やり続けますよ。
  • となりのMatch子さん vol.11 るみえーる 前川 仁美さん
  • 有限会 社戸祭貞次郎商店 代表取締役 社長 戸祭 圭司さん
  • となりのMatch子さん vol.10 フリーアナウンサー・ 講師・動画クリエーター コエ・テラス合同会社 代表 牟田 祥子さん
  • CROSS TALK vol.08 「アーティスト対談」
  • 合同会社COMFY 代表 長塚 文洋さん
  • となりのMatch子さん vol.9 日本畜産振興株式会社  安藤貴子さん
おすすめの記事
創業促進フォーラム2018
STAFF BLOG
先日、吉田が関東経済産業局さんが主催する 創業促進フォーラム2018のパネルに登壇してきました。 集まっておられるのは関東局内の自治体、商工...
CROSS TALK vol.03「失敗からの再起」
Matchインタビュー
廃業にも「作法」あり 今回は「特別編」として、Matchー46編集長でもある一般社団法人とりで起業家支援ネットワーク理事・吉田とスタッフの佐...