• 鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん Matchインタビュー
    鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん
  • 株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん Matchインタビュー
    株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん
  • Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん Matchインタビュー
    Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん
  • 分福 店 主 國分 崇さん Matchインタビュー
    ほうとううどん・和食分福 店 主 國分 崇さん
  • TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん Matchインタビュー
    TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん
  • 株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん Matchインタビュー
    株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん

vol.165
株式会社ブームス
山崎 徹さん
Title

「お客さんの心に いかに寄り添えるかが大事」

タイリッシュな家具を手頃な価格で提供する「BOOMS」。代表取締役の山﨑さんは、老舗家具屋の5代目として生まれました。ところが35歳の頃に会社が倒産。莫大な借金を抱えながら元取引先の家具問屋に就職しました。「二度と家具屋なんてやらない」と心に決めましたが、そこの社長から「うちの商品を貸してあげるから、自分で店をやりなさい」と言われます。週4日は従業員として働き、残り3日は店を切り盛り。社長の恩に報いたい一心で、がむしゃらに働いたそうです。

 

の1年後には家具屋として独り立ちすることに。「当時の家具は昔ながらのデザインが多く、30代の自分がやっと欲しいものに出会っても、値段が高くて手が出ない。だから同世代の人が、見た目も価格も満足できるカジュアルな家具を扱おうと思いました」(山﨑さん)。本店を移転後、もともとの店舗を「secret GATE」として再オープン。そんなとき、常連さんにかけられた「何も買わずにごめんなさいね」という言葉が山﨑さんの心を動かします。そう思う人が少なからずいるのなら、コーヒーでも用意してふらりと立ち寄れる場所にしようと。こうして売り場の一部をカフェとしてリニューアル。「お店とお客さんとの距離が近付けば、必要なときに僕らを思い出してくれる」と話す通り、地元で長年愛されるBOOMS。その理由は、ふとした一言も聞き漏らさず、サービスに反映させる山﨑さんの真摯な姿勢にあるのでしょう。

 
  • 株式会 社Splus 代表取締役 金子 卓さん
  • 龍ケ崎のほぐし屋さん オーナー 濵野 紗弥さん
  • パン・ド・メグモリ 武井 めぐみさん
  • Neo English 代表 大西 雄二さん
  • Coeur(クール) 代表 山﨑 優子さん
  • あおば薬局 龍ケ崎店 代表 高柳 匡徳さん
おすすめの記事
STAFF BLOG
皆さま、こんにちは。 暑い日が続いていますね。水分補給を忘れずに、しっかり栄養ある食事をとって下さいね。 夏の目標である富士登山に向けて、軽...
バテないように~~💪
STAFF BLOG
こんにちは!!Match-hako龍ケ崎スタッフです。 食べ物のご紹介頻度が高めですみません。。 お仕事する上で、健康が一番!!それには栄養...
STAFF BLOG
先日、関東経産局中小企業課の白井様と福島様にご訪問いただき、 吉田といろいろ意見交換をさせたいただきました。 Matchは中企庁の機運醸成事...