• 分福 店 主 國分 崇さん Matchインタビュー
    ほうとううどん・和食分福 店 主 國分 崇さん
  • TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん Matchインタビュー
    TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん
  • 鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん Matchインタビュー
    鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん
  • 株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん Matchインタビュー
    株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん
  • Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん Matchインタビュー
    Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん
  • 株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん Matchインタビュー
    株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん

vol.24
株式会社ブームス
山崎 徹さん
Title

「お客さんの心に いかに寄り添えるかが大事」

タイリッシュな家具を手頃な価格で提供する「BOOMS」。代表取締役の山﨑さんは、老舗家具屋の5代目として生まれました。ところが35歳の頃に会社が倒産。莫大な借金を抱えながら元取引先の家具問屋に就職しました。「二度と家具屋なんてやらない」と心に決めましたが、そこの社長から「うちの商品を貸してあげるから、自分で店をやりなさい」と言われます。週4日は従業員として働き、残り3日は店を切り盛り。社長の恩に報いたい一心で、がむしゃらに働いたそうです。

 

の1年後には家具屋として独り立ちすることに。「当時の家具は昔ながらのデザインが多く、30代の自分がやっと欲しいものに出会っても、値段が高くて手が出ない。だから同世代の人が、見た目も価格も満足できるカジュアルな家具を扱おうと思いました」(山﨑さん)。本店を移転後、もともとの店舗を「secret GATE」として再オープン。そんなとき、常連さんにかけられた「何も買わずにごめんなさいね」という言葉が山﨑さんの心を動かします。そう思う人が少なからずいるのなら、コーヒーでも用意してふらりと立ち寄れる場所にしようと。こうして売り場の一部をカフェとしてリニューアル。「お店とお客さんとの距離が近付けば、必要なときに僕らを思い出してくれる」と話す通り、地元で長年愛されるBOOMS。その理由は、ふとした一言も聞き漏らさず、サービスに反映させる山﨑さんの真摯な姿勢にあるのでしょう。

 
  • CROSS TALK vol.03「失敗からの再起」
  • BIG SMILE 代表 倉持 康雄さん
  • Bistrot Chez Kimura 時彩 オーナーシェフ 木村 真求さん
  • Matchスクランブル座談会「ビジコン入賞者」
  • となりのMatch子さん vol.4 (株)パブリッシングポケット 代表取締役 清水 恭子さん
  • CROSS TALK vol.02「自宅で起業」
おすすめの記事
創業促進フォーラム2018
STAFF BLOG
先日、吉田が関東経済産業局さんが主催する 創業促進フォーラム2018のパネルに登壇してきました。 集まっておられるのは関東局内の自治体、商工...
フリーアナウンサー 小村 悦子さん
Matchインタビュー
フリーアナウンサーになったきっかけは?  取手には8年前、結婚を機に引っ越してきました。それまでは、千葉や東京でMCや俳優業、司会業などをし...
Match-hako お得な使い方大公開!
Match46 special Contents
Vol.03 2016.06 アーティストとしてご活躍中の立場から、これからアーティストとして 活動していきたい立場から、アーティストを育て...
Match-hako 活用法
Match46 special Contents
Vol.02 2016.04 は~い。みなさん! ボクちんはウメちん。 取手に最近来たっす。ところで、取手駅西口前 リボンとりで5 階の「ワ...