vol.167
BIG SMILE 倉持 保雄さん
Title

「僕のハンバーガーで笑顔にな ってくれたら最高」

 「アメリカの古いカルチャーやバイク、車が大好きな んです」と話す倉持保雄さんは、「ハン バーガーは安価な物」というイメージがまだ強かった 10年以上前に、本格派のハンバー ガー店を取手にオープンさせました。小学生の時に映 画『アメリカン・グラフィティ』の世界 に魅せられ、憧れを抱いた倉持少年。社会人になって もその気持ちはあせることなく、コツ コツとアメリカ雑貨を収集していました。そんなある日、 たまたま入った都内のハンバーガー 店で衝撃を受けます。「それまで食べていたハンバーガ ーとはまったくの別モノ。あまりのお いしさに何度もお店に通いました」(倉持さん)。

子入りを志願し、勤めていた会社も退職。 10カ月という期限付きでの修業だったので、1つでも多くのことを吸収しようと、朝から晩ま で必死に働きました。「毎朝『大丈夫、できる』と自己暗示をかけていたほど大変な毎日でした。 でも、僕が初めて作ったハンバーガーを食べたお客さまが『おいしい』と笑ってくれたことがうれし くて」と振り返ります。そのときの気持ちを大事に、今でも初めて来店した人がハンバーガーを頬張 る瞬間は、必ず見るようにしているそうです。ハンバーガーへのこだわりを聞くと「何もないんですよね」 と照れ笑い。ただ、修業時代から苦楽を共にしてきた奥さまいわく「同じレシピでも他の人が作ると味が変 わってしまうんです」とのこと。1個1個に心を込めて、自身の味に仕上げることが倉持さんの矜持のようです。

  • となりのMatch子さん vol.11 るみえーる 前川 仁美さん
  • 有限会 社戸祭貞次郎商店 代表取締役 社長 戸祭 圭司さん
  • となりのMatch子さん vol.10 フリーアナウンサー・ 講師・動画クリエーター コエ・テラス合同会社 代表 牟田 祥子さん
  • CROSS TALK vol.08 「アーティスト対談」
  • 合同会社COMFY 代表 長塚 文洋さん
  • となりのMatch子さん vol.9 日本畜産振興株式会社  安藤貴子さん
おすすめの記事
CROSS TALK vol.02「自宅で起業」
Matchインタビュー
長年温めた夢を 実現させた2人 自宅をオフィスやスクールとして使っている髙垣充晴さんとほしのりつこさん。オンとオフの切り替えは? ストレスは...
従業員さんに廃業をどう伝えるか
Matchコラム
Match取手廃業相談員の西澤です。前回は「廃業を誰に相談するのか?」について書かせて頂きました。相談する相手の候補には入れていませんでした...
バテないように~~💪
STAFF BLOG
こんにちは!!Match-hako龍ケ崎スタッフです。 食べ物のご紹介頻度が高めですみません。。 お仕事する上で、健康が一番!!それには栄養...
創業山登りセミナー(一合目)
イベントリポート
【開催報告】 7月27日(火)、リボンとりで5階「ワタシの街のレンタルオフィスMatch-hako」にて、 Matchとりで主催の「創業山登...