vol.163
Atelier+café ju-tou 堤 京霞さん
Title
「手間をかけた料理をゆっくり楽しむ。 こんなお店が1軒くらいあってもいいかなって」
理上手な母親の影響で、小さい頃から食に興味があった堤さん。大学卒業後は中国料理の先生の下で、17年間料理を学びました。マクロビオティックに出合ったのは、2005年のこと。何気なく手に取った雑誌の記事に共感し、早速日々の食事に取り入れたそうです。その後、その道の大家・久司先生のスクールへ通うことに。習っている中国料理をマクロビ食にアレンジしていることを話すと「そういう人はあまりいないから講師を目指しては」と背中を押されました。
2007年から吉祥寺で講師を始め、我孫子、取手、つくばで教えてきましたが、3.11の震災を機に吉祥寺以外の教室は休業。それなら地元でできることをしようと、体に優しい食事が楽しめるカフェの開業を決意しました。既製品は使わず全て手作りし、食材も吟味。仕込みも買い出しも堤さんがほぼ1人で行うので、深夜まで翌日の準備がかかることも。「効率という点でいえば決してよくはありませんが(笑)、妥協はしたくないんです」と話す堤さん。時間に追われて食事も適当になりがちな現代において、誠実に食と向き合う堤さんの料理は、貴重な存在なのかもしれません。
  • となりのMatch子さん vol.11 るみえーる 前川 仁美さん
  • 有限会 社戸祭貞次郎商店 代表取締役 社長 戸祭 圭司さん
  • となりのMatch子さん vol.10 フリーアナウンサー・ 講師・動画クリエーター コエ・テラス合同会社 代表 牟田 祥子さん
  • CROSS TALK vol.08 「アーティスト対談」
  • 合同会社COMFY 代表 長塚 文洋さん
  • となりのMatch子さん vol.9 日本畜産振興株式会社  安藤貴子さん
おすすめの記事
バテないように~~💪
STAFF BLOG
こんにちは!!Match-hako龍ケ崎スタッフです。 食べ物のご紹介頻度が高めですみません。。 お仕事する上で、健康が一番!!それには栄養...
STAFF BLOG
Matchの吉田です。今日はMatch-46の取材で「あぶいち」さんの山崎社長にお会いしてきました。6代目ですって。すごいよね。江戸時代から...
自分が立つ場所
Matchコラム
あなたは今、どこに立っていますか? 自分が立っている場所、 自分の世界の中心がどこにあるかは、 とても大切なことだと思っています。 もしも自...
廃業を取引先にどう伝えるのか
Matchコラム
Match取手廃業相談員の西澤です。前回は「家族に廃業をどう伝えるのか?」について書かせて頂きました。家族以外にも廃業を伝えにくい相手がいま...
たまには日常を忘れて☘
STAFF BLOG
こんにちは!!Match-hako龍ケ崎、受付スタッフです(^o^) 先日、Match-hako龍ケ崎のオフィスから車で約10分の場所にある...