• 分福 店 主 國分 崇さん Matchインタビュー
    ほうとううどん・和食分福 店 主 國分 崇さん
  • Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん Matchインタビュー
    Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん
  • 鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん Matchインタビュー
    鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん
  • TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん Matchインタビュー
    TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん
  • 株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん Matchインタビュー
    株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん
  • 株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん Matchインタビュー
    株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん

 
vol.163
Atelier+café ju-tou 堤 京霞さん
Title
「手間をかけた料理をゆっくり楽しむ。 こんなお店が1軒くらいあってもいいかなって」
理上手な母親の影響で、小さい頃から食に興味があった堤さん。大学卒業後は中国料理の先生の下で、17年間料理を学びました。マクロビオティックに出合ったのは、2005年のこと。何気なく手に取った雑誌の記事に共感し、早速日々の食事に取り入れたそうです。その後、その道の大家・久司先生のスクールへ通うことに。習っている中国料理をマクロビ食にアレンジしていることを話すと「そういう人はあまりいないから講師を目指しては」と背中を押されました。
2007年から吉祥寺で講師を始め、我孫子、取手、つくばで教えてきましたが、3.11の震災を機に吉祥寺以外の教室は休業。それなら地元でできることをしようと、体に優しい食事が楽しめるカフェの開業を決意しました。既製品は使わず全て手作りし、食材も吟味。仕込みも買い出しも堤さんがほぼ1人で行うので、深夜まで翌日の準備がかかることも。「効率という点でいえば決してよくはありませんが(笑)、妥協はしたくないんです」と話す堤さん。時間に追われて食事も適当になりがちな現代において、誠実に食と向き合う堤さんの料理は、貴重な存在なのかもしれません。
  • となりのMatch子さん vol.9 日本畜産振興株式会社  安藤貴子さん
  • CROSS TALK vol.07 「シニアの起業」
  • イタリアンレストラン castello オーナーシェフ 山口昌樹さん
  • となりのMatch子さん vol.8  こなのか オーナー 原田佳奈さん
  • CROSS TALK vol.06 「Iターン」
  • キッチ ン ポンム・ドゥ・テール 店主 宮本敏さん
おすすめの記事
デジマインド 代表 金子 正晃さん
Matchインタビュー
起業したきっかけは何ですか?  現在は会社勤めをしているのですが、昨年、50歳になったことを期に、自分の得意分野を生かしたフリーランスの活動...
利用時間延長のご案内
メイン記事
朝8時から使えます! 個室・ブース会員が利用いただけます。 土日・祝日も事前申請によりご利用いただけます。 8:00-10:00までは、リボ...