2017.2.9
皆さん、「取手」といえば何が浮かびますか?
そう、取手には「取手競輪場」があるんです。取手市の貴重な地域資源になっています。
そして、2月にはビッグレース「読売新聞社杯全日本選抜競輪(G1)」が開催されます。
1950年、昭和25年に創設されて以来、一番大きなレースが行われるのです。
取手に住んでいても「取手競輪場」には行ったことがないという方もぜひこの機会に行ってみませんか?
入場は無料なので気軽に立ち寄ることができます。
また、「取手競輪場」にはこんな楽しみ方があります。
「地元選手応援コーナー」
地元選手応援コーナーがスタンド席の一角に設けられます。観客みんなで茨城県の選手を応援するのです。出身地・所属地を重視する競輪ならではの楽しみ方です。
「アート」
東京藝術大学があるアートの街「取手」ならではの楽しみ方です。場内にはたくさんのトリックアートが展示されています。レース観戦の合間にアート鑑賞もできるのです。
ぜひご家族で楽しんでみてはいかがでしょうか。
~取手競輪場~
https://www.toride-keirin.com/

STAFF BLOGの関連記事
  • ゴールデンウィーク『受付窓口』休業期間について
  • 【重要】年末年始の営業時間のご案内
  • 【Match-hako】ロッカー利用の紹介
  • 【Match-hako】リボンとりで5階 トイレの運用変更について
  • 【Match-hako】リモートブースをリニューアルしました!!
  • 祝日移動と夏季休業のお知らせ
おすすめの記事
STAFF BLOG
吉田理事、片桐先生とファイナリストのみなさま 取手市長と犬の手作りリード販売のRUMKAの戸田さん 取手市長と街を元気にするキッチンカーとり...
家族に廃業をどう伝えるか
Matchコラム
Match取手廃業相談員の西澤です。前回は「従業員さんに廃業をどう伝えるのか?」について書かせて頂きました。廃業が身近な人にも相談しにくい話...