多くの市民審査員のかたに投票いただき、最終選考会は終了しました。
ご協力ありがとうございました。

2020年222日(土)、Matchみんなのビジネスプランコンテストを開催いたしました。取手市からスタートした「地域密着」「市民参加型」のビジネスプランコンテスト。4回目となる今回は寺原駅前にある、前田建設工業()ICI総合センター。53プランのエントリーがあった今回。事業計画書やプレゼンテーションの審査を経て、ファイナル審査に残った学生部門5名、市民部門5組のファイナリスト達は、この日のためにエントリーからファイナル審査まで3カ月間の準備をしてまいりました。家業と共に地域を盛り上げるビジネス、世界に目を向けたビジネスと様々なプランの中、一人ひとりが精いっぱいプレゼンに取り組む姿がとても印象的でした。

  • 開催主旨

Matchみんなのビジネスプランコンテストは、地域密着、市民参加型のビジネスプランコンテストとして、2016年に取手市でスタートしました。2017年度は龍ケ崎市も加わり、「起業で街を元気にする」を合言葉に明るく!元気に!前向きに!開催いたしました。第4回目となる2019年度は、昨年度から新設した学生部門に加え、会場の提供など協力を頂いた前田建設工業株式会社による、「前田建設工業()ソーシャル賞」を設けました。

  • 開催概要

ファイナリスト:10(市民部門5名・学生部門5)

事業計画審査・セミファイナル審査を経てファイナルに進んだ10名は全ての方を入賞としファイナル審査では各部門ごとに最優秀賞1名優秀賞2名を選出しました。前田建設工業()ソーシャル賞は今回2名選出されました。

  • ファイナル審査:審査員による審査と市民審査員の投票で決定

市民審査員投票方法
各部門1人1票(同じ発表者へ2票投じることは無効とします)。
全てのビジネスプランの発表後、各部門ごとに投票用紙を投票箱に投票。
注意 最終審査は、審査委員(5名)による審査と、市民審査員による投票の合計
●審査員:5
●審査項目:

【学生部門】地域貢献度、新規性、継続性、実現可能性、成長性、プレゼンテーション性の審査基準で選考。
新規性・成長性・プレゼンテーション性に加重。

【市民部門】地域貢献度、新規性、継続性、実現可能性、成長性、プレゼンテーション性の審査基準で選考。
地域貢献度・継続性・プレゼンテーション性に加重。

  • 会場の様子

  • 受賞者

市民部門の最優秀賞では、龍ケ崎市の中山市長に表彰をしていただき、優秀賞の2名は吉田本部長より表彰をしていただきました。学生部門の最優秀賞では、取手市の吉田副市長に表彰していただき、優秀賞の2名は流通経済大学経済学部 学部長および学長補佐 吉村聡様からしていただきました。

最優秀賞 市民部門

 

アトリエブラウンさん

「取手美術学生のデッサン力を武器とする、リアル3D人物に特化したデザイン事務所」

コメント
3D人物のリアルデータを作って全世界に向けて売りたい。このような風変わりな事業計画に賞をいただきまして、感謝の気持ちでいっぱいです。100台のカメラで撮影した写真を3D化し、形状と画像を修正することが必要です。その仕事をチームで進めていきます。パソコン上とはいえ、形状を修正するのにはデッサン力が必要です。しかし造形のできる方を集めるのは簡単ではありません。そこでこの地域ならではの強みである、取手美術学生の高校生と大学生に助けていただきます。それとは別に簡単作業を引きこもりの方、発達障害者にやっていただく取り組みも行ないます。働く方の原石を磨きつつ、3D分野の新しいことに挑戦して世界レベルを目指す。これが弊社の目標です。創業スクールに参加したことにより、事業内容がブラッシュアップされました。そしてビジコンではプレゼンの練習を重ねることにより、やるべきことを自身に刻みつける魔法をいただいたようなものです。現在、3D人物のことはなかなか理解してもらえないと思います。将来、VRARがもっと身近になった頃、なくてなならない存在でありたいと思っております。

最優秀賞 学生部門

辻川百華さん

「下宿型青少年自立支援シェアハウス~みんなのおばあちゃん家~」

コメント
はじめに、多くの投票をしていただいた市民の皆さま、ありがとうございました。プレゼンテーションの際は目で応援してくださっているのを感じ、暖かい気持ちになりました。高い投票率で最優秀賞をいただけたこと、更に前田建設様のソーシャルビジネス賞と2つの賞を頂けたことは大変光栄なことで、大きな自信となりました。私の事業計画「青少年自立支援型シェアハウス〜おばあちゃん家〜」を進めていくにあたり、数字が苦手でうまくいかないと思うことや、やってみるとなると意外とできないと思うことが多くあり、今回をきっかけに多くのことを学ぶことができました。お忙しい中、アドバイスしてくださった方にも感謝の気持ちでいっぱいです。このコンテストを通して取手市、龍ケ崎市だけでなく、部分的ではございますが、茨城県のことを知ることができ、茨城の市民の方々とのご縁を頂けてたくさんの出会いに感謝しています。今後も更に勉強し、様々なことに挑戦していきたいです。ご声援本当にありがとうございました。

優秀賞 市民部門

黒岩 美喜さん

「シニアのための「ほっと」カフェ」

コメント
何気なく立ち寄った取手駅で、何気なく手に取った創業スクールのチラシ。そのチラシで知った「Match創業スクール」に参加し、思いがけず、ビジネスコンテストにも参加させていただく機会をいただきました。今回は、食・運動・芸術を通して【シニア世代が『ほっ』として過ごすことができる機会づくり】の一環として、「味噌汁カフェの運営」についてお話しをさせていただきましたが、ビジネスコンテストへの参加で、より具体的なプランを作り上げることができただけでなく、プランや私自身の課題を見い出すこともでき、とても大切なチャンスをいただくことができました。創業スクールの講師の皆様やスクールでご一緒させていただいた皆様からの貴重なご指導・アドバイスと、今回のビジネスコンテストでの貴重な経験を活かし、近々「味噌汁カフェ」をオープンする予定です。その際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。創業スクールの講師・スタッフ・受講生の皆様、ビジネスコンテストでお会いすることができた皆様、本当にありがとうございました!

小林 沙緒さん

「代替医療を担うエステティシャン」

コメント
この度は、この様な素晴らしいイベントに参加させて頂きありがとうございました。始めは知人の紹介で気楽な気持ちで応募し、最後まで残れると思っていませんでした。審査が通る度に嬉しい気持ちとプレッシャーが芽生え、本業と仕事の試験とコンテストの準備で心が折れかけましたが、周りの方の応援でこのコンテストが必ず今後の事業にプラスになると信じる事が出来、最後まで頑張れました。優秀賞が頂けたのも、支えて下さり最後まで応援して下さった方々のおかげだと心から感謝しております。また、今の仕事に対しても今後の事業も同じで、支えて下さる方々の為にどれだけ自分が答える努力が出来るかが大切なのだと改めて感じる事が出来ました。この気持ちを忘れずにより良い事業を立ちあげていける様に頑張りたいと思います。有難うございました。

優秀賞 学生部門

山川 拓巳さん

「掃除屋山ちゃん」

コメント
この度は、ビジネスプランコンテストに参加させて頂きありがとうございました。今まで大勢の前でプレゼンするような機会が無かった故に、とても良い体験をさせて頂きました。自宅にて家族を前に何十回も練習しましたが、実際に壇上に上がると極度に緊張してしまい、自分の伝えたい思いを4割しか出せず不完全燃焼に終わってしまいました。しかし、自分の力量が分かる良い体験になりました。この体験を今後の活動で活かしていきたいと思います。ありがとうございました。

中俣 義夫さん

「太陽電池パネルのリサイクルプラント事業」

前田建設工業()ソーシャル賞 市民部門

ASSIST(株

「習い事改革!グローバル!忙しく働く親も安心の児童クラブ」

前田建設工業()ソーシャル賞 学生部門

辻川 百華さん

「下宿型青少年自立支援シェアハウス~みんなのおばあちゃん家~」

入賞 市民部門

黛 隆文さん

「はりきゅう治療院ユーカリ」

コメント

私の方も,これでひと区切りです。事前提出の「事業計画」作成が,良かったです。経営の収支や,見通しなどあいまいに考えていたのを数値などで明確化することができ事業を振り返れました。プランどおり,地域社会で認知されるよう取り組んでいきたいと思います。

入賞 学生部門

鈴木 一路さん

「廃校再生事業」

齋藤 昂大さん

「椅子の無いカフェ(ノシット)」

  • ファイナリストの皆さん、本当にお疲れ様でした。

たくさんの方のご協力により、素晴らしいビジネスプランコンテストとなりました。コロナウイルスにより開催も危ぶまれました。それでも皆様のご協力により開催することができました。ビジネスプランコンテストが、ファイナリスト含め、エントリーしてくださった皆様や当日を見守ってくださった市民・学生審査員の皆様にとって、
何かのキッカケや今後に繋がるものに、そして取手市と龍ケ崎市の元気に繋がるものになっていたら嬉しいです。
携わってくださった皆様、本当にありがとうございました。前田建設工業株式会社様・流通経済大学様にも大きなご協力を賜りまして本当にありがとうございます。最後に、ファイナリストの皆様本当にありがとうございました。これからの皆様の益々のご活躍、心よりお祈りしております。

  • 第4回 Matchみんなのビジネスプランコンテスト
  • 元年12月 新・ 社長塾&交流会【Match-hako龍ケ崎】開催レポート<「Cafe Kazz Kitchen」代表 佐藤千瑚 さん>
  • 元年11月 新・ 社長塾&交流会【Match-hako取手】開催レポート<生前整理アドバイザー  徳山弘美さん>
  • 元年10月 新・ 社長塾&交流会【Match-hako龍ケ崎】開催レポート<PATISSERIE301赤塚 有美さん>
  • 元年9月 新・ 社長塾&交流会【Match-hako取手】開催レポート<収納コンサルタント 吉田俊子さん>
  • 元年8月 新・ 社長塾&交流会【Match-hako龍ケ崎】開催レポート<Neo English 大西雄二さん>
おすすめの記事
Match-hako龍ヶ崎の廣瀬です。
STAFF BLOG
Match-hako龍ヶ崎の廣瀬です。 9月から受付スタッフとして、Match-hako龍ヶ崎に勤務することになりました。 初出勤の日に、田...
STAFF BLOG
先日、関東経産局中小企業課の白井様と福島様にご訪問いただき、 吉田といろいろ意見交換をさせたいただきました。 Matchは中企庁の機運醸成事...
年明けの予告☆
STAFF BLOG
皆さま、あと数時間で年が明けますね! 今年は私自身も新しい職場(match)でのチャレンジがあり、 その中でたくさんの人が挑戦していく姿を見...
CROSS TALK vol.02「自宅で起業」
Matchインタビュー
長年温めた夢を 実現させた2人 自宅をオフィスやスクールとして使っている髙垣充晴さんとほしのりつこさん。オンとオフの切り替えは? ストレスは...