Vol.40

すみやファーム

INTERVIEW

農業を通して人を幸せにしたい

CORPOLATE INFO

取手市下高井1277
090-3009-1555
mail:sumiya4383@gmail.com
今まで農業一本でやってこられたのですか?
 私の家は代々農業を営んでおり、農業をとても身近な仕事と感じていました。しかし、私が専業農家の道を選んだのは、実は7年前。それまでは取手市役所に勤務し、その傍らで農業を行う兼業農家でした。  しかし、18年前に父が他界し、家業を維持できるのが私と母だけになってしまったのです。畑は5000㎡、田んぼは50000㎡あり、母だけではとても無理です。いずれは専業農家へ転職したいと考えていたので、49歳で早期退職し、農業に専念することにしました。現在は、旬に実る露地野菜や安心安全を目指した特別栽培米を育てています。
専業農家への転身に不安はありませんでしたか?
 不安はあまりありませんでした。農業が嫌いではなかったし、家業なのでいずれは自分が継がなくてはという気持ちがあったのです。それに、定年後に農業が何年続けられるのだろうかと考えました。人生は一度きりです。好きな農業をできるだけ長く続けたいという思いも、早期退職へ背中を押してくれました。今振り返ってみても、この決断は間違っていなかったと思います。  今と昔では農業のスタイルがかなり変化しています。ただ農作物を作れば売れるという時代ではなくなってきているので、今後は農作物加工品の製造販売もできるだけ早く事業に取り入れたいと考えています。また、高齢化に伴い農業を続けることが難しくなってしまった土地を、国などの制度を利用して、荒地化しないように支えていきたいですね。
私を支えるこの一言
「誠実一路」  丹精込めて作った野菜やお米を販売していて、買ってくれたお客様から「ありがとう」と言われると、とてもうれしくなります。「おいしかった」「ありがとう」の言葉が、またおいしい農作物を作ろうという励みになります。
  • となりのMatch子さん vol.11 るみえーる 前川 仁美さん
  • 有限会 社戸祭貞次郎商店 代表取締役 社長 戸祭 圭司さん
  • となりのMatch子さん vol.10 フリーアナウンサー・ 講師・動画クリエーター コエ・テラス合同会社 代表 牟田 祥子さん
  • CROSS TALK vol.08 「アーティスト対談」
  • 合同会社COMFY 代表 長塚 文洋さん
  • となりのMatch子さん vol.9 日本畜産振興株式会社  安藤貴子さん
おすすめの記事
CROSS TALK vol.02「自宅で起業」
Matchインタビュー
長年温めた夢を 実現させた2人 自宅をオフィスやスクールとして使っている髙垣充晴さんとほしのりつこさん。オンとオフの切り替えは? ストレスは...