• 株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん Matchインタビュー
    株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん
  • 鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん Matchインタビュー
    鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん
  • 分福 店 主 國分 崇さん Matchインタビュー
    ほうとううどん・和食分福 店 主 國分 崇さん
  • 株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん Matchインタビュー
    株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん
  • TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん Matchインタビュー
    TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん
  • Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん Matchインタビュー
    Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん

vol.177
キッチン ポム・ドゥ・テール
 宮本敏さん
Title

「お客さん一人一人の顔が見える『規模感』がちょうどいいんです」

 座数20席のこぢんまりとした店内。カウンター越しに見える厨房では、手際よく料理を仕上げる店主の宮本敏さんの姿が。「厨房から店内が見渡せる、このくらいの規模が僕にとってはちょうどいいんですよ」と柔和な笑顔で語ります。1998年の開業以来、1人で厨房を守り続け、現在はホール係の奥様と2人で切り盛り。調理の合間に、お客さんがおいしそうに料理を楽しむ姿を見たり、「おいしかったよ。ごちそうさま!」と直接声を掛けてもらえる瞬間が、何よりうれしいそう。そんなふうにお客さんとの距離が近いのは、小さなお店ならではでしょう。飲食業一筋の宮本さんですが、洋食を本格的に作り始めたのは、つくば市の病院内に作られた喫茶店を一任された時。「オーナーの計らいで、メニュー構成などお店に関することは、すべて僕の自由にさせてもらっていました。奇をてらったものより、親しみのあるメニューの方が受け入れてもらえるのでは、と考え、家庭料理でも人気の高い、ハンバーグやオムライスといった洋食をメインに置きました」。40歳で念願の独立。竜ヶ崎ニュータウンの開発が始まって間もない、まだ周囲には飲食店が少なかった頃に、自宅の近くに「ポンム・ドゥ・テール」をオープンします。同エリアで当時から続くお店は、現在では片手で数える程度となってしまいました。「僕ももう60なので、昔のようにはいきませんが(笑)。地元の方や、中には千葉からはるばる足を運んでくれるリピーターさんもいて。そんな方がいらっしゃる限り、頑張っていきたいですね」。

  • となりのMatch子さん vol.11 るみえーる 前川 仁美さん
  • 有限会 社戸祭貞次郎商店 代表取締役 社長 戸祭 圭司さん
  • となりのMatch子さん vol.10 フリーアナウンサー・ 講師・動画クリエーター コエ・テラス合同会社 代表 牟田 祥子さん
  • CROSS TALK vol.08 「アーティスト対談」
  • 合同会社COMFY 代表 長塚 文洋さん
  • となりのMatch子さん vol.9 日本畜産振興株式会社  安藤貴子さん
おすすめの記事
STAFF BLOG
取手ボックスヒルの4階に突如現れた着ぐるみ?ぬいぐるみ?お神輿? なんだろう。。。と近づいてみると 「ジャッピー神輿」 と書いてありました。...
第63回 とりで利根川大花火
Match46 special Contents
第63回 とりで利根川大花火 Date : 2016年8月13日(土)午後7時~午後8時15分 大利根橋開通を記念して始まった花火大会「とり...