• 鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん Matchインタビュー
    鹿島園子バレエスタジオ 代表 鹿島 園子さん
  • 分福 店 主 國分 崇さん Matchインタビュー
    ほうとううどん・和食分福 店 主 國分 崇さん
  • TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん Matchインタビュー
    TORIDESIGN アートディレクター/グラフィックデザイナー 勝野 直樹さん
  • Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん Matchインタビュー
    Virgin Cafe Y&T 代表 角折 靖さん
  • 株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん Matchインタビュー
    株式会社ゆるやか 代表取締役 天ケ谷 桂子さん
  • 株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん Matchインタビュー
    株式会社 北村商事 代表取締役 北村 任寛さん

Vol.86

羊羹屋本舗

椎名俊秀さん

INTERVIEW

明治元年創業の老舗和菓子店

CORPOLATE INFO

茨城県取手市山王282
0297-85-8320
和菓子店の5代目ということですが、お店を継ぐことは決めていたのですか?
 いえ、決めていませんでした。私はずっと野球をしていて、大学も野球部でした。大学を卒業するときに、もう少し野球をしたいという気持ちがあったので、親父に言ったところ、「いいよ。ただ、野球をやった後、そのまま会社に残るのもいいけれども、もし菓子屋をやりたいなら、見習いから始めないといけないよ」と言われたのです。野球で飯が食えるわけでもないし、30歳手前から見習いというのも厳しいので、野球を諦めて、菓子屋になりました。  また、以前から聞いていたおじいちゃんの話も大きく影響しています。戦死したおじいちゃんが戦争に行くときに「すぐ戻ってくるから菓子屋は続けてくれ」と言って戦地に行ったそうです。このような話も聞いていたので、「自分がやらなければ終わる。自分が終わらせて良いのかな」という思いもありました。
仕事をするうえで大切にしていることは何ですか?
 思ったときに思ったことをするように努めています。私はスポーツをやっていましたが思い切りが良くなくて、「あのとき、やっておけば良かった」と後悔することがあるのですが。思ったときが商売の分岐点、チャンスが訪れているときかもしれません。何かを感じるから、思うのでしょう。そのときに一歩踏み出すことが大事です。続けていくには、ずっと同じでは続かないです。私たちは材料や作り方を時代に合わせて工夫しています。変えるのは勇気がいることですが、工夫する努力を怠らないようにしています。
今後のお店のことをどのようにお考えですか?
 子どもたちに譲るときは、余裕を持って仕事ができるようにして譲りたいという思いがあります。私は中学も高校も野球ばかりしていたので、親が仕事をしているのをほとんど見たことがありませんでした。小さいころ、5月の節句の柏餅の葉を巻くお手伝いをした記憶はあるのですが、大変な世界だとは思っていませんでした。中に入ってみると、職人の世界は「朝起きると仕事が始まって、仕事が終わると寝る」の繰り返しで余裕がないのです。もっと良いやり方があるんじゃないかといつも考えています。
  • となりのMatch子さん vol.11 るみえーる 前川 仁美さん
  • 有限会 社戸祭貞次郎商店 代表取締役 社長 戸祭 圭司さん
  • となりのMatch子さん vol.10 フリーアナウンサー・ 講師・動画クリエーター コエ・テラス合同会社 代表 牟田 祥子さん
  • CROSS TALK vol.08 「アーティスト対談」
  • 合同会社COMFY 代表 長塚 文洋さん
  • となりのMatch子さん vol.9 日本畜産振興株式会社  安藤貴子さん
おすすめの記事
藤田法務事務所 行政書士 藤田 国忠さん
Matchインタビュー
起業しようと思ったきっかけは?  31歳の時に身内で不幸が起き、遺産分割協議書というものを初めて目にしました。それまで、法律に関わる書類の作...