2018年10月19日、吉田がビジコンOSAKA2018の審査委員で大阪に行ってきました。

 このビジコンは大阪産業創造館(産創館)が主催・運営するビジコンです。

産創館は吉田の故郷です。

2000年に産創館に「あきない・エード」という創業支援センターを立ち上げたのが、
吉田の行政とお仕事をさせていただく始まりとなり、行列のできる支援センターになりました。

吉田がこのビジコンの審査委員を務めるのは3年目です。
吉田のもとにいた方達が運営しているので、吉田の香りのするビジコンになっています。

このビジコンはスタートアップのVenture部門と中小企業枠のRenovator部門に分かれています。

Venture大賞は賞金35万円 株式会社リモートアシスト藤井さんがゲットしました。
藤井さんのビジネスは視覚障がい者の日常生活をウェアラブルカメラで遠隔サポートするものです。

Renovator大賞は賞金35万円で株式会社シーアイ・パートナーズの家住さんが優勝しました。
家住さんのビジネスも障がい者支援で企業就労が困難な障がい者に、稼ぐ職業スキルの習得と収入機会を提供モデルです。

吉田はビジネスアイデアを聞くのが大好きです。
人の事業ですがワクワクしますよね。
家住さんのプランには投資したくなったそうです!

さてさて、私達Matchが開催する「Matchみんなのビジネスコンテスト」も
エントリー受付終了まで1ヶ月を切りました!

あなたの中に眠るアイディアのタネが花開くチャンス!
ぜひチャレンジしてみてくださいね!

今週末10月27日(土)にはエントリー説明会も開催します!
迷っている方もぜひ、まず1歩を!!

https://minbiz.match-town.jp/

STAFF BLOGの関連記事
  • 【Match-hako】ブースのご紹介
  • 【Match-hako】ミーティングブースの紹介
  • ゴールデンウィーク『受付窓口』休業期間について
  • 【NEWサービス】リモートワークブースができました!!
  • 【Match-hakoとりで】年末年始の営業時間のご案内
  • テレワーク中のお悩みの方に朗報です!!
おすすめの記事
9/22 サイクルアートフェスティバル2016
Match46 special Contents
今年も自転車とアートのコラボレーションイベント「サイクルアートフェスティバル2016」を開催!バンク試走や現役競輪選手の模擬レース、などサイ...
廃業を取引先にどう伝えるのか
Matchコラム
Match取手廃業相談員の西澤です。前回は「家族に廃業をどう伝えるのか?」について書かせて頂きました。家族以外にも廃業を伝えにくい相手がいま...
【臨時重要】受付窓口再開のお知らせ
NEWS.
緊急事態宣言の解除に伴い、 受付窓口の営業を段階的に再開致します。 当面は受付時間と短縮し再開しますことを 何卒ご了承くださいませ。 ===...