自己実現の概念を説明するのはとても難しいのですが、
私は自己実現を「自分らしく生きる」と説明しています。

この「らしさ」とは実は型なんです。
私は大学と大学院で10年ほど教えていました。
同窓会などで卒業生に会うと
「お、〇〇君も社会人らしくなったね」なんて言ったりします。
きっと僕の中に「社会人」という型があって、
その型に彼がぴったりはまって来たと言っているんだと思います。

男の子らしく、学生らしく、母親らしく。
誰もかもが人を型にはめたがります。

だったら「自分らしい」とはどんな型なんでしょう。
自分の型に自分がぴったりはまる。
それはありのままの自分でいることです。

他の型に自分をはめない。例えば、女性で言えば、
妻の前に、母の前に、女性の前に、私は私です。

自分らしく生きる人ってたくさんいます。
スポーツ選手、お笑い芸人、アーティスト、
そして起業家もその一人です。

好きなことで飯を食うのは大変ですが、
それを生きる意味にしている人が
自分らしく生きる人です。
これが人間の本来の姿です。

<このコラムの著者>
 吉田雅紀 プロフィール
起業相談はこちらから
廃業相談はこちらから

関連キーワード
Matchコラムの関連記事
  • 働き一両
  • 信頼して依存しない
  • 約束を守って半人前、守ってもらって一人前。
  • 器の大きい人
  • 廃業を一緒に進めるパートナーとしての廃業コーディネーター
  • 辛抱と我慢は違う
おすすめの記事
野島造園 一級造園技能士 野島 修一さん
Matchインタビュー
起業しようと思ったきっかけは?  私は中学校2年生の時に、高校教師をしていた父親を病気で亡くしています。当時は漠然と、父の背中を追って教師に...