「〇〇さんって器が大きいよね」とか
「〇〇さんって人格者だな」なんて言いますが、
「器」って、「人格」って何なんでしょうね。

僕は「人を受け入れるキャパシティー」だと思っています。
人に対して偏見がない。色眼鏡で見ない。
どんな人でも「受け入れる」度量を持っている人です。
「受け入れる」っていうのは、
何でも聞いてあげるという意味ではないです。
拒絶しない、否定しないってことです。

人は自分が理解できないヒトやモノ、コトを
「変わってる」と評価して、拒絶する傾向があります。
拒絶だけではなく、否定しようとします。
「あんな人見たことないです」と言われたとき、
僕は「では、あなたは何人の人を見たことがあるのですか?」と
問い返します。
今まで見たことのない新種が出てきただけのことです、
ラッキーじゃないですか(笑)。

まずは否定をしないで、受け入れてみましょう。
そうしたら、あなたのキャパが少しだけ大きくなり、
人格者に近づきます。

<このコラムの著者>
 吉田雅紀 プロフィール
起業相談はこちらから
廃業相談はこちらから
過去の記事はこちら
自分らしく生きる
主客の一致(不一致)
勿体ある 
空気を作る
経営は自己管理。自分との約束です。
ラブ・マネーバランス
辛抱と我慢は違う

関連キーワード
Matchコラムの関連記事
  • 器の大きい人
  • 廃業を一緒に進めるパートナーとしての廃業コーディネーター
  • 辛抱と我慢は違う
  • 廃業を取引先にどう伝えるのか
  • ラブ・マネーバランス
  • 自分が立つ場所
おすすめの記事
STAFF BLOG
昨年秋、取手で初開催された女性のための創業スクールに参加した修了生8名が、創業した「今」を伝えます。自宅開業、補助金の活用など、各々の「創業...
5G-WAY 代 表 吉尾 崇さん
Matchインタビュー
起業しようと思ったきっかけは何ですか?  私は旧伊奈町(現つくばみらい市)出身で、子どもの頃から取手は身近な場所でした。遠方へ行くときは取手...
野島造園 一級造園技能士 野島 修一さん
Matchインタビュー
起業しようと思ったきっかけは?  私は中学校2年生の時に、高校教師をしていた父親を病気で亡くしています。当時は漠然と、父の背中を追って教師に...