SNSで友人がこんな投稿をしていた。
「例えば婚活において『ラブ・マネーバランス』と言い始めたらどうなるか。
愛情の分量と相手の稼ぎとは必ず計測可能だという前提が生まれ、
それらの比率をどうするかが結婚の主要なテーマとなってしまうだろう」

もちろんこれは皮肉である。ワークライフバランスも同じだと言える。
彼は「ON、OFF」もおかしいと言う。
人生って愛とお金だけでは測れないし、
仕事もここまでは仕事でここからは遊びなんて切り分けもできない。
成功と失敗、善と悪、美と醜、真と嘘、どれも相反する概念だけど、
白黒グレーどころかこの白黒の間には無数のグラデーションがあって、
人はその中を行ったり来たりし、時には右往左往しながら生きている。
だからこそ、苦しくて、だからこそ、楽しくて、だからこそ、悲しい。
だからこそ、吉田は曖昧が好きである。

<このコラムの著者>
 吉田雅紀 プロフィール
起業相談はこちらから
廃業相談はこちらから
過去の記事はこちら
自分らしく生きる
主客の一致(不一致)
勿体ある 
空気を作る
経営は自己管理。自分との約束です。

Matchコラムの関連記事
  • 約束を守って半人前、守ってもらって一人前。
  • 器の大きい人
  • 廃業を一緒に進めるパートナーとしての廃業コーディネーター
  • 辛抱と我慢は違う
  • 廃業を取引先にどう伝えるのか
  • ラブ・マネーバランス
おすすめの記事
年末年始のご案内
STAFF BLOG
雪が振りそうなほど寒~い1日ですねー!! Match46の最新号 2018年1月号も刷り上がり、 年の瀬を感じます。 ということで。Matc...
創業促進フォーラム2018
STAFF BLOG
先日、吉田が関東経済産業局さんが主催する 創業促進フォーラム2018のパネルに登壇してきました。 集まっておられるのは関東局内の自治体、商工...
藤田法務事務所 行政書士 藤田 国忠さん
Matchインタビュー
起業しようと思ったきっかけは?  31歳の時に身内で不幸が起き、遺産分割協議書というものを初めて目にしました。それまで、法律に関わる書類の作...