2018年10月28日、龍ケ崎市で行われた環境フェアへ行ってまいりました。

私が今回参加したのは、ゴミ処理場「くりーんプラザ・龍」の工場見学です。

普段はあまり公開しないという工場内を見て歩くことができました!

運ばれてきたゴミが溜めておかれる場所や

24時間体制で工場内を監視している様子を見せていただきました。

 

こちらが最終処分場の写真です。

ここはリユース・リサイクル等、再利用が困難なものを埋め立てている場所なのですが、

今のゴミの量を処理し続けると、あと16年しか使用することができないとのことでした。

 

そして、本来なら再利用できる素材でも一度燃えてしまうとリサイクルが困難になってしまうというお話もありました。

写真は左から順に、

鍋・空き缶(下は家庭用のガスボンベ)・やかん です。

全て丸ごと可燃ゴミの袋に入れられ燃やされてしまいましたが、きちんと分別が出来ていれば再利用できる資源でした…。

 

工場見学を通して職員の方の熱心な説明を聴き、

改めて分別やゴミを減らす努力の大切さを感じることができました。

 

ゴミをゴミではなく【資源】とするアイデア・技術

またその資源をどう活かしていくのか…

そういったものが今後必要とされていくのだろうなと感じます。

 

私自身も、出来ることからコツコツと頑張って行こうと思います!!

STAFF BLOGの関連記事
  • 【オフィス】複合機付きシェアオフィス 入居者募集!
  • 【IBARAKIsenseでの取手市特産品フェアのお知らせ】
  • 【取材】月刊「先端教育」の取材がありました!!
  • 【新設】2人用ブースができました!
  • 【リモートブース席】さらに独立したスペースになりました!
  • 【受付窓口】2023年末年始の営業時間のご案内
おすすめの記事
C&Vオフィス 代 表 西村 通洋さん
Matchインタビュー
マーケティングのお仕事はご自身の起業がきっかけだったとか? そうですね。私は今から6〜7年前に、千葉県でリラクゼーション店の経営を始めました...
原動力は地元愛!!
STAFF BLOG
10月も半ばを過ぎ、だいぶ秋めいて来ましたね!ハロウィーンも近いということで、 受付周りに少しだけ飾り付けしてみました。なんとなく気分も楽し...
STAFF BLOG
今日のお昼。 取手駅ビル一階の「おそうざい村」へ。 手作り出来立てのお総菜やお弁当がたくさん並んでいて迷いに迷った結果、お肉とお野菜のバラン...