先日、『メッセージ』という映画を観てきました。

みなさんはご覧になったでしょうか?

ある日、地球上に降り立った知的生命体(エイリアン?)が、

人類に大切なメッセージを伝えようとします。

そのメッセージを受け取るために、

言語学者の女性が未知なる言語表現に向き合っていくのですが。

ネタバレになってしまうので詳細は避けますが、

私がそこで受け取ったメッセージは

「未知のもの、不確かなもの、形ないもの」への

向き合い方と受け止め方でした。

 

これが正解だという答えや、

絶対に間違えていないという先導がない中で前に進むのには、

自分の中にあるものを信じるしかなくて。

“ある”ものを“ない”とせず、

“ない”ものを“ある”とせず、

その先に何があろうと、

感じたものを真っ直ぐに受け止めていきたいなと。

そしてそれを、自分の内側だけに留めるのでなく、

勇気を持って外側に伝えていくことも大切なのだなと。

その先に、共有できる人たちがいたら

それは、とても幸せなことなのだろうなと思うのです。

 

そんなことを感じた映画でした。

 

起業にも通ずるものが、ありますね。

お時間を作って、ぜひ観てください♪

STAFF BLOGの関連記事
  • ゴールデンウィーク『受付窓口』休業期間について
  • 【重要】年末年始の営業時間のご案内
  • 【Match-hako】ロッカー利用の紹介
  • 【Match-hako】リボンとりで5階 トイレの運用変更について
  • 【Match-hako】リモートブースをリニューアルしました!!
  • 祝日移動と夏季休業のお知らせ
おすすめの記事
SOBASUTA 代表 傍嶋 賢さん
Matchインタビュー
取手での活動を教えてください  私は千葉県出身で、大学院生の時に取手市に来ました。東京芸術大学大学院の壁画第一研究室に在籍している時から、ア...