先日、あるビジネスプランコンテストに
個人的にチャレンジをしてみました。

ビジコンを開催する事務局側としての経験は重ねてきましたが
自分がエントリーするのは、実は今回が初めてで、
このチャレンジは私にとって、とても大きな意味のある経験となりました。

プレゼンテーション審査に向けて準備を進める中で、
私は当初、審査を通過できるようにと考えながら
選考基準に合わせて事業計画書を練っていたのですが、
途中で方向を変えました。

評価を気にして外側を整えるのではなく、
まずは自分の内側にあるものを、そのまま表現してみよう。
そんなふうに思ったのです。

自分の中にある思いをビジネスプランコンテストの場でプレゼンすることは、
私にとって初めてのチャレンジです。
評価を気にするのではなく、まずはそのままを放ってみよう。
そのうえで、そこからブラッシュアップしていこう。

そんなふうにしてチャレンジした初めてのビジコンは
表立った結果は残りませんでしたが、
プレゼンを聞いてくださったうちの何人かが
後日、こんなメッセージを伝えてくれました。

「自然体で話す言葉や在り方に、心が動きました。」
「生き方を考えるキッカケになりました。」
「感銘を受けました。」「感動しました。」



ビジネスプランコンテストにおいても、起業においても
自分の事業計画にきちんとした評価を得ることや
伝えるスキルを磨くことは、大切なことだと思います。

ですが、それだけでなく
自分の思いが相手の心に届くこと、心を動かすこともまた、
意味のあることだと思うのです。

何より、
自分の思いや考えが明らかになって、自分自身の心に響く。
それが、ビジネスプランコンテストにチャレンジすることの
大きな意味の1つなのではないかな、と私は思っています。

自分の心に響き、突き動かし、自分の心が踊った躍動は、
きっといつか、その波が誰かに伝わるときが来ると思うのです。

****************************

Matchでも、いよいよ
今年度の『Matchみんなのビジネスプランコンテスト』の
エントリー募集が始まりました。
賞や評価だけでなく、得られるものがきっとあるはずです。

そしてもちろん、Matchは皆さまの起業を支援しておりますので
ビジコン初チャレンジの私のように“思いをぶつける”だけでなく、
講師陣が事業計画書の書き方やプレゼンテーションのブラッシュアップを
セミナーを通してお伝えし、皆さまをしっかりサポートしていきます!
ぜひぜひ、チャレンジしてみてください!
詳細はこちらから。
【第5回Matchみんなのビジネスプランコンテスト】
https://minbiz.match-town.jp/

ビジコンにチャレンジする前に、ご自身のビジネスプランを
ブラッシュアップしたい方や起業について必要なこと等を学びたい方は
【Match創業スクールとりで2020】をご受講ください。
申込締切は10月7日(水)まで。あと数名の受け入れが可能です。
https://seminar.match-town.jp/

<このコラムの著者>
佐々木しづか プロフィール
起業相談はこちらから

過去の記事はこちら
「人の道じゃなく、自分の道を生きなさい。」
「揺れ動くこと」
「恐れの乗り越え方」

Matchコラムの関連記事
  • 働き一両
  • 信頼して依存しない
  • 約束を守って半人前、守ってもらって一人前。
  • 器の大きい人
  • 廃業を一緒に進めるパートナーとしての廃業コーディネーター
  • 辛抱と我慢は違う
おすすめの記事
Atelier+café ju-tou  堤 京霞さん
Matchインタビュー
料理上手な母親の影響で、小さい頃から食に興味があった堤さん。大学卒業後は中国 料理の先生の下で、17年間料理を学びました。マクロビ...
STAFF BLOG
Match-hakoの入っているリボンとりでさんの3Fエントランスです。 この緑多い看板もそうなんですが、足元のこの色合わせがなんとも好みで...
第63回 とりで利根川大花火
Match46 special Contents
第63回 とりで利根川大花火 Date : 2016年8月13日(土)午後7時~午後8時15分 大利根橋開通を記念して始まった花火大会「とり...