起業の相談をお受けしている時に、よく思うことがあります。
そして、よく、こんなお話をします。

「あなたは、どうしたいですか?」

起業の相談にいらしてくださる方は
一生懸命、準備をされていたり
どうしたらいいかを考えていらっしゃる方が多く
だからこそ、私も真剣にお話をして
目の前のその人が、少しでも、一歩でも
先に進むお手伝いができればと思っています。

ですが、いろいろ頭の中で考えているうちに
“正解はなんだろう”
“正しいのはどれだろう”という視点に偏って
いつの間にか、”自分”が何をしたかったのかを
見失ってしまうのですよね。
私もそうです。

そんな時はもう一度、
外側に向かった思考を
グッと自分の中心に引き戻してみる。

どこかに偏った思考を
フラットに捉え直してみる。

そんな繰り返しをしているうちに
だんだんと自分の軸が定まってくるように思います。

コマみたいですね。

独り善がりでもなく、
自分を見失うのでもなく、
外側と調和のとれた自分の軸。

揺れ動くことは決して悪いことではなくて、
揺れ動いたからこそ、
自分の中心が定まっていくのだと思います。

“相談”という方法で言葉にしてみると
自分の今が、よくわかります。

“起業”という方法で行動をしてみると
もっとよく、自分の中心が見えてきます。

どんな形であれ、
自分の真ん中を生きられるということは
とても幸せなことだと思います。

<このコラムの著者>
佐々木しづか プロフィール
起業相談はこちらから

過去の記事はこちら
「人の道じゃなく、自分の道を生きなさい。」

Matchコラムの関連記事
  • 働き一両
  • 信頼して依存しない
  • 約束を守って半人前、守ってもらって一人前。
  • 器の大きい人
  • 廃業を一緒に進めるパートナーとしての廃業コーディネーター
  • 辛抱と我慢は違う
おすすめの記事
主客の一致(不一致)
Matchコラム
吉田の「独断と偏見」だとお聞き下さい。 主客の一致(不一致)って哲学の命題なんですが、 僕はこの世に「客観」なんてないと思っています。 会議...
STAFF BLOG
Matchの吉田です。今日はMatch-46の取材で「あぶいち」さんの山崎社長にお会いしてきました。6代目ですって。すごいよね。江戸時代から...
廃業を取引先にどう伝えるのか
Matchコラム
Match取手廃業相談員の西澤です。前回は「家族に廃業をどう伝えるのか?」について書かせて頂きました。家族以外にも廃業を伝えにくい相手がいま...